タグ:中国 ( 5 ) タグの人気記事

日本から中国への荷物送付は要注意

Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 900 IS IXYD900IS
/ キヤノン



デジカメを新しく買いました。
ネットで購入して実家に送ってもらい、実家から青島に送ってもらうことにしました。

知らなかった私が悪いのか、たまたま運が悪かったのか・・・

今か今かと荷物の到着を待ちわびていた私に1通の郵便局からの「取りに来い」との旨の書面が届きました。
不在だったためかと思っていたら中国語で「所定の手続き」だの「関税」だのとの文字が・・・

延安三路222号の郵便局に取りに行くと・・・
荷物を探し出してもらい検査官の前で開けろ、と言われ開けました。
中から出てきたIXYの番号を控えられ、
書類を書くために場所移動
パスポートと所定の書面に記入したものを渡すと何やら分厚い冊子を検査官が取り出し、中国が決めたそのカメラの値段を調べている様子。
そして、「2000元」「20%」「400元」と書かれた紙を持ってお金を払って来いといわれました。

そう、関税をかけられてしまったのです。
払わないと荷物は受け取れない・・・
サイアク・・・

かなりムカつきながらも手数料26元含め、計426元(約6800円)を中国に納めました。

日本からの送料を含め、結局カメラ本体価格+10000円の追加。

後々、「新品じゃない」とかなんとか言えばよかったのか、ローカルスタッフに付き添ってもらって何とか交渉してもらえばよかったのか、もっと言えば、送るときにカメラを箱から取り出し送り状に「カメラ」と表記しなければよかったのか等等 後悔先に立たず・・・
(今まで引越しのときも、日本から新品の電子辞書を送ってもらったときも何事もなく手元に届いていたのに・・・)

税金といえば、この国 たとえば野菜・肉・魚などの調理前のものには13%、加工品には17%の税金が内税としてかかっています。
日本のように税抜き表示なんて絶対しません。
もしかすると消費税取られていることを知らない人もいるのでは・・・

たくさん税金取ってる割には・・・

日本から荷物を送ってもらう際には要注意です。
[PR]
by qdsunshine | 2007-08-07 16:35 | Other

世界三大ハムと呼ばれる金華ハムを求めて

d0100762_23342234.jpg
青島の流亭空港から飛ぶこと1時間20分で杭州に行くことができます。
杭州から車で2時間、高速電車で1時間ちょっとで浙江省金華市に行くことができます。
数日前、ちょっと仕事の関係で製造現場を見てきました。

金華ハムは広東料理に欠かせない食材で、上海以南でよくつかわれる食材です。
ですから、青島のローカルスタッフに聞いても食べ方も分からないし、名前を知らない人も多いそうです。
私は日本にいる時からこの名前はよく耳にしていた気がします。たしか料理番組とかで見たのだと思うのですが・・・
さすが中国、国土が広く、その土地土地の食文化があるので、いかに世界3大ハムと称されている金華ハムでも知らないのですね~(ちなみにあとの2大ハムはイタリアのパルマハム、スペインのハモンセラーノです)

この浙江省あたりや上海などでは、“出産後の女性が食べる”や“男性が奥さんの実家に行く時に必ず持参する”や“中秋節や春節の贈り物の定番”などの習慣があるほどの代物。

頭とおしりが黒い(両頭烏(リャントウウー/両端が黒いという意味)」)珍しい豚の後ろ腿を使います。
簡単な流れは、塩漬けしたあと⇒乾燥⇒熟成(1~5年)
熟成庫ではカビもついてて大丈夫だそうです。さらに出来上がったハムを3か所とがった木で刺してみて3か所とも同じ匂いのものが良いそうです。
香りはホントに芳醇で匂いだけで、美味しいのが伝わってきます。

d0100762_032471.jpgでも金華ハムを使った料理食べずに帰ってきてしまったんですよね~…
一応、小さくカットされたハムを買ってはきましたが、調理方法が分からない…
スープを取ったり結構手間をかけて食べるようなので難しいかも。

きっと偽物も多いと思います(普通の豚だったり…)中国名牌[CHINA TOP BRAND]に認定されている“金華市火腿有限公司”のものを購入されることをお勧めします。(金字というブランド名です)
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-15 22:16 | Other

今日は端午節

d0100762_204126.jpg
今日は旧暦(農暦)の5月5日にあたり、「端午節」です。
端はことの始まりを意味し、午は陰の反義語で太陽を表し、夏の始まりを意味しています。
日本では梅雨ですが、初夏といえば初夏ですものねぇ。
農暦の方が月の満ち欠けや気候と合っているので驚きです。

そもそも、この日は中国戦国時代の偉大な愛国詩人「屈原」の命日だそうです。
『屈原は中国歴史上でも第一の詩人とも言われ、当時楚と他国が団結して秦に抵抗しようではないかとも唱えていた人物でした。しかし楚の王は彼の忠言を聞かず、ついには楚から追放してしまったのです。その後も運に見放されたような愛国心旺盛な屈原は、憂国のあまりついには泪羅(べきら)江(河)に身を投じてしまいました。このことを聞いた楚の人々は、河に駆け集まり舟を出して屈原の身を探しました。その時、敬愛する屈原の体が魚や蝦蟹に食べられないように粽(ちまき)を河に投げ入れました。屈原が河に身を投じたこの日が、旧暦の5月5日だったのです。』
ということからちまき(粽子)を食べる習慣となったそうです。

2週間ほど前からスーパーではちまき売場が急拡大し、その種類の多さは圧巻です。
日本はココまで種類はないですからね。
鶏肉、豚肉、小豆、ピーナッツ、栗、玉子の黄身の塩漬け、チャーシュー・なつめ・黒米&小豆・八宝 等など・・・
これらは単品でもありますが、豪華なちまきだと数種類の具材が入っててよりおいしそうです。高級ちまきというとアワビ入りもありました。

スーパーのちまき売場はすごい人で、贈り物としての需要もあるようで化粧箱も置いてあったり。本来は家庭で作るようですが、一応 私のいる青島は都会(?)ということで既製品を買う人が多いようです。

d0100762_21285717.jpgさて、今日は中国の何%の人がちまきを食べるのでしょう。
中国の三大民族祭事(春節・端午節・中秋節)ということですから重要度の高さが伺えます。
春節は旧暦の1月1日、端午節は旧暦5月5日、中秋節は旧暦8月15日。
つまり日本でいう「お正月・GWのこどもの日・お盆」というわけですから三大祭事というのも納得ですね。

私も今日の晩御飯はちまきにしよう・・・
ということで左写真が今日の晩御飯、50~60gの小さい粽を買いました。
種類は「鶏肉・豚肉・黒米(小豆入りで赤飯みたいな味)・ナツメ」の4種類です。
卵の黄身の塩漬けが入ったものは1個170gと結構なボリュームで真空包装の分を買ったので後日食べます。
いやぁ おいしかった★
でも、もち米だし、カロリー的にはかなり危険…
[PR]
by qdsunshine | 2007-06-19 20:17 | Diary

2007年はブタ年 ベイビーブーム??

d0100762_15281429.jpg

中国国内にいる方は常識なんですが、
2007年は「ブタ年」です。
日本では「いのしし年」なんですが・・・

そこで年の瀬を迎えたショッピングセンターでは
ブタブタブタな演出です。

JUSCOの2階のおもちゃ売場前の様子です。

う~ん、ブタ年生まれってやだなぁ・・・

でも来年はお産で良い年らしく
急激な人口増が懸念されている中国。
(ということで今年は結婚ラッシュ!)

2007年ブタ年生まれの子が激増するということですね。
[PR]
by qdsunshine | 2006-12-11 15:32 | Other

中国の不思議(1)

中国の常識。お尻割れパンツ。
要を足す際に脱がせなくよいというすぐれもの(??)
なんでもオムツ離れも早いそうで・・・
(まあ、オムツ離れ以前にオムツをしていませんが・・)
私が初めて見たのは97年の上海。
あれから約10年経つというのにまだ健在のこのパンツ・・・
近代化が進んでも、中国的常識は不変ということでしょうか・・・

d0100762_154433.jpg



d0100762_1537585.jpg

ちゃんとオフィシャルにJUSCOでも販売しています。
確か29元(約440円)
[PR]
by qdsunshine | 2006-10-28 02:00 | Other