タグ:上海 ( 11 ) タグの人気記事

上海3日目:東平路から瑞金賓館へ

d0100762_132930.jpg
お腹いっぱい食べてしまったので、東平路のショップを覗きながら東平路から汾陽路を歩いて散歩しました。この辺りは上海芸術研究所や上海工芸美術博物館などがあるせいか、楽器を販売しているお店から工芸品を販売しているお店など小さいながら面白そうなお店がたくさんありました。
小さなお店と、何だか絵になる風景・人を写真を撮りながら歩いていると時間を忘れます。
道ゆくおばあちゃんですら服装と持ってるカバンの色とかが妙にいい感じで、探し物をしている様子ですが思わず撮ってしまいました・・・
上海は雑誌の数もすごくて、よく扱い切れるなと思うくらいの街頭雑誌ショップ
洋服のお店もたくさんあってディスプレイを見て歩いても楽しかったですね。
上海を発つ時間が刻々と迫っているなか、のんびり歩くこと40分、復興中路をずーと歩いていると、「瑞金二路」のプレートが。曲がってほどなくすると憧れのオールドホテル「瑞金賓館」がありました。
d0100762_13135983.jpg
なんでもこのホテル、7ヘクタールを超える敷地だとか。上海が栄華を極めた1920年代に、英国人実業家モリスが自宅用に建てた洋館だそうです。宿泊客でもないのに敷地内に入ってみました。ほんとに広大な敷地のほとんどは庭庭庭。手入れの行き届いている庭は広く外の喧騒から隔離してくれるようです。
瑞金二路からホテルの敷地内に入り、茂名南路に抜けると北側前方に「花園飯店(オークラガーデンホテル)」の建物が遠くに見えました。
時間も時間ながら、ふと花園飯店の中の広東料理の名店「白玉蘭」の杏仁豆腐が食べたいと思いタクシーに乗り込んだのが午後1時すぎ。渋滞です・・・
2時にはホテルに戻って荷物をピックアップして空港に向かわなければいけません・・・
結局、杏仁豆腐はあきらめて外灘のホテルに向かい、虹橋空港に向かいました。

こうして最後に悔いを残しながらの上海旅行が終わったのです。
上海はホント蒸し暑かったけれど、まだまだ知らない良いスポットがたくさんありそうだし、刻々と変化している上海の勢いは世界一でしょう。住んだら楽しいだろうなぁ。
と思いつつ、青島の青い空・青い海が見える自室がちょっと恋しくなったりして・・・
上海の良さもそこそこ満喫しつつ、気候の良い青島の良さも認識できました。
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-28 13:32 | Shanghai

上海3日目:シノワズリ通りの東平路

15時45分の飛行機で青島に戻らなくてはいけない最終日、ホテルをチェックアウトして、荷物はホテルで預かってもらい13時半くらいまでは上海を満喫(?)しようと「衡上路」へ。
地下鉄「衡山路」4号口から出て、右の方向に歩いていきます。
衡山路辺りは昔フランス租界だったエリアでプラタナス並木のきれいな通りがたくさんあります。東平路もそのひとつ(?)。わずか1km足らずの通りですが、シノワズリな雑貨のお店や、レストランが数軒ならんでいて、上海に来て買い物をするときにはいつもはずせない通りです。
d0100762_1132738.jpg
写真は通りの様子と、今回買い物をした商品の写真。
通りにあるシノワズリなお店は
○Lapis Lazuli
○Simply Life
○ZEN life store
雑貨というより、食器を扱っているお店が多いです。
決して安いとは言えないお店ばかりですが、ステキなものがたくさんあります。
割れ物が多くて、いつも買うのに躊躇してしまうのですが・・・
中でも、Lapis Lazuliは定番商品が少ないのか、いつも7月や1月のバーゲンの時期には80%offなんて破格のセールが行われたりしていて、いつも品揃えが替わっています。
Simply Life はセールは基本的に見たことはなくて、毎回新しいシリーズが増えていってこれも魅力です。
Lapis LazuliやZEN life storeはガラス・陶器など割れ物中心の品揃えなので雑貨を探すならSimply Lifeですかね。
というわけで、写真の雑貨はすべてSimply Lifeで購入しました。
全部で800元ちょっと(約13000円) 中国物価だと激高です・・・
上段の左から2番目のはスクラップブックのようなものなのですが、日本円で約4000円。日本じゃ買わないと思いますが(というか使うかも微妙)完全に衝動買いでございます・・・

こういうシノワズリ雑貨の有名店の模造品なんかもよく出回っています。2日目朝に行った布市場でも「あ~ここの真似の商品だったんだ~」というのが結構ありました。
時間があれば先に最先端のシノワズリのホンモノを見て、布市場にいって類似品をお買い得価格でゲットするという手もあるかと思います。
あんまり良くないことですが、近頃の上海シノワズリ雑貨のお店って同じ商品でもここ数年で急激に値上がりしていたりするので、完全に外国人対象っていうのがちょっと・・・
質はこういうお店では安心して買えますので(ちゃんと包んでくれます)その点はおすすめです。カードも使えますし。
見るだけでも楽しいですよ。

店内写真撮影ダメって言われてしまったので、上海観光情報サイト上海naviでしっかりレポートされているので興味があれば店内の様子などを見てみてください。(以下店名にリンクはってます)
Lapis Lazuli
 add:上海市東平路9号
営業時間 : 11:00~21:00
Simply Life
add:上海市東平路9号
営業時間 : 10:30~22:30
http://www.simplylife-sh.com/
ZEN life store
add:上海市東平路7-1号
 営業時間 : 10:15~22:30

結構営業開始時間が遅いので9時半頃にいって失敗・・・
逆に夜遅くまで空いているので、この季節は少し涼しくなる(?)夕方に行くのもいいかも。
旧フランス租界のこの辺りは良いレストランもたくさんあるようなので食事のあとにゆっくり買い物するのもいいですね。
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-28 12:13 | Shanghai

上海:滞在ホテル

上海には世界の名だたるホテルがたくさんでており、そのゴージャスなホテルに滞在するのは憧れです。グランドハイヤット、リッツカールトン、ウェスティン、フォーシーズンズ、JWマリオット、シェラトン、ヒルトンなどなど(外灘にはペニンシュラも建設が始まっていました)
青島では5つ星と言われるシャングリラ、リージェントなんて上海の同じシャングリラ・リージェントに比べれば4つ星以下に見えてしまいます。
そんなホテルの滞在費を調べると1泊2000元以上・・・とても滞在できません。
一部屋のお値段なので2人で行くと個人負担は減りますが・・・

d0100762_20484173.jpgゴージャスなホテルライフにあこがれつつ、今回滞在先に選んだのは外灘の和平飯店のお隣にある「 曼哈頓商務酒店 (マンハッタンビジネスホテル)」
リーズナブルで立地も良かったのでここに決めました。
とはいえ、3つ星クラスなのでスタンダードには泊まらずにデラックスのダブルベッドの部屋で少しでもゴージャス気分を味わえれば・・・と期待して。ちなみに1泊568元+朝食40元(約10000円)でした。
d0100762_20515530.jpg
ホテルはレトロな感じでオールド上海な気分に浸れる環境です。
フロントやポーターは感じが良くてなかなか気持ちよく滞在できました。
ただ、難点なのはデラックスに泊まってもシャワールームしかなくてバスダブがなかったこと…エグゼクティブスイートならバスダブあったんですけどね~
部屋には薄型のTVとパソコンも完備でネットもできます。
アイロン台やアイロンもついていて長期滞在にもおすすめ。d0100762_2162526.jpg窓のない部屋も多く、窓があってもあまり景色はよくないですが、外灘まで徒歩2分という立地でカバーです。いいホテルに泊まってもいつも眺めがいいとは限らないですし。
朝食はやっぱりそれなりでした。悪くはないですが、2日間は同じメニューでした。コーヒーはその都度いれてもらえるのでコーヒーメーカーで一度につくったコーヒーをサーブされることが多い5つ星にも負けてないかも。毎日朝食付きにせずに外で小吃を食べにいくのもいいですね。でも朝食のレストランの空間はなかなか良かったですよ。
d0100762_212464.jpg
■ 曼哈頓商務酒店 (マンハッタンビジネスホテル)■
add:上海黄浦区滇池路81-85号 (黄浦区)
tel:(021)68888123

サービス・立地・お値段からいうとまた滞在してもいいと思えました。
下手な4つ星に泊まるなら断然こちらがお勧めですね。
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-25 21:11 | Shanghai

上海2日目:外灘

外灘:租界時代のレトロな建築群が約1.5kmに渡って連なる、黄浦江の西岸エリア。
外灘には石造りの西洋建築がならんでいて、その建物の壮麗さに何度上海を訪れても感動は薄れません。
外灘から対岸の浦東は近代高層ビル群の眺めは圧巻。
d0100762_19182573.jpg
朝の外灘を散歩しているとつい裏通りに入りたくなります。いわゆる表のきれいな建築群と異なり、少し中にはいると同じ時代につくられたであろう建築物が生活に溶け込んで汚くなりつつ、いい味だしつつといったところでしょうか。なかなか興味深いですよ。朝はまだ空気もきれいな感じがしますし。
d0100762_18544596.jpg
夕暮れの外灘から浦東の眺め。右の高いビルは現在建築中で、完成すれば左隣りに突き出ている「金茂大厦」(HYATTが入っているビル)を追い越すそうです。
昼間の上海は空気があんまりよくないためかかすんでいることが多いです。
やっぱり夜ですかね。
d0100762_18585827.jpg
そして、夜の浦東の眺め。
浦東だけは来るたびにビルの数が増えている気がするので年々派手になっている気がします。
昼間がかすんでいるせいか夜の街の方がきれいに見えたりする上海。
夜のテンション上がってきます。
ホントは夜景のきれいなBARでも行きたいところなのですが、一人だと・・・
d0100762_1913598.jpg
そして1900~1940年代に建てられた西洋建築群の眺め。
暖かい黄色のライトアップがさらに壮麗さを引き立てます。
今、残念ながら外灘で一番きれいな時計塔のついているビルが修繕中で残念ですが、それでもきれいです。

誰もが知る上海の必見スポットです。
今回はホテルが外灘から近かったので朝も夜も気軽に行けてよかったです。
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-25 19:06 | Shanghai

上海2日目:シノワズリなお店

d0100762_17331812.jpg
外灘を歩いていてちょっと入ったところに「陶器」をはめ込んだ家具を扱うお店があります。上海人女性の若手陶芸家による「青花瓷」と、上海の古民家の木材を組み合わせたデザインが、国内外から高い評価を得ているというこのお店、繊細な絵柄の器や花瓶などもたくさん揃っています。
d0100762_17372421.jpg
これは店内の様子。こういうお店って店内写真撮影禁止なんて言われてしまうのですが、ダメ元で聞いてみたら撮影OKとのこと。
これが瓷と木材を組み合わせた家具。素敵ですよね。
d0100762_17413428.jpg
店内には花瓶・茶壷・茶杯などがあって手書きのものは同じ模様でも全く同じということはないので一点ものがゲットできますね。ちょっと変わった形のものもあってきれいでした。
茶壷・茶杯はセットで買いたいですよね。

今回は一番上の写真のタッセル付きのカップを3つ購入しました。
タッセルの組み合わせは幾通りもあってすごく悩んだ結果最初は2つしか買う予定はなかったけど、3つ買いました。
他にも良い色の組み合わせがあってタッセルだけで売ってたらいろいろ楽しめるのにな~
ちなみにタッセル付きカップ1つ80元です。
カップのかたちも少し曲がっててかわいいのでお気に入りです。

d0100762_17521129.jpg■海上青花■
add:上海市福州路17号103室
tel:(021)63230856
営業時間:10:30~18:30
url:http://www.blueshanghaiwhite.com
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-25 17:55 | Shanghai

上海2日目:新天地

d0100762_19261230.jpg
タイ料理でお腹を満たしたあとは、新天地でショッピング。
新天地は上海の中心部にある最先端の観光スポットと言われています。
1920~1930年代に建てられた石レンガ造りの建物が並んでいます。
レトロな外観の中にはモダンなレストランやバー、そしてシノワズリな雑貨のお店がたくさんあります。
d0100762_19313945.jpgとにかくディスプレイだけでも必見です。
こちらのディスプレイって見ているだけで感動の美しさなんですよね~。
ちなみにここ一帯の物価はものすごく高くて、日本以上です・・・
雑貨ひとつ、BARでのカクテル一杯でも高いんですよね。
完全に観光客と、上海在住の外国人、中国の富裕層対象といった感じです。
ここの「蔵博堂」というお店でシノワズリなブレスレットを購入しました。
その辺の路地だときっと1/10くらいの値段だと思いますが…

■新天地■
http://www.xintiandi.com
アクセス:地下鉄・2号線「黄陂南路」から徒歩3分
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-25 16:25 | Shanghai

上海2日目:タイ料理

d0100762_1584515.jpg
旅先でひとりでごはんを食べるのって結構たいへん。
特に中国は量も多いし、一人の席(というより二人席すらすくない)自体がないから昼のピーク時というのはどうしても避けてしまいます。
今回も同様。
午後4時くらいにふらっと新天地に行って、昼食&夕食兼の食事をしてきました。
さすがに普通のレストランだと休憩の時間で閉まっていたりするんですが、新天地という観光地にあるためかお客さんは誰もいませんでしたが開いていました。

で、オーダーしたのがグリーンカレー(チキン)55元とジンジャーティー25元。
苦手なパクチーを避けつついただきました。
お腹もすいていたし、ココナッツベースで甘いけど青唐辛子の辛みがあるグリーンカレーおいしかったなぁ。
一人じゃなければもっといろんな料理を食べてられたんですが・・・
タイ料理なので海老をつかったメニューとかそそられました!

このお店、雑貨で有名なSimply Lifeの系列で使っている食器もSimply Lifeで売られているものと同じなんですよね。食器のかわいさも一見の価値あり(?)です。
d0100762_15213326.jpg
■Simply thai■
add:馬当路と興業路の角
tel:(021)63262088
11:00~23:30
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-25 15:25 | Shanghai

上海2日目:布市場

d0100762_1444635.jpg
南浦大橋近くに、3階建ての巨大な布市場があります。
綿、ウール、シルク、皮、ボタンなど小さなお店が集まっていて、布を買うだけではなくオーダーメイドもできるようです。
ふらふら回っていると外国人がコートをオーダーしたりしていました。
ブラウス・シャツ専門の仕立て屋さんやスーツなんかも作れるみたい。
翌日に帰る私は何もオーダーしませんでしたが。
d0100762_14551784.jpgただ、生地だけを買いに行ったお店でオーダーをすすめられて明日帰るというと急ぎでつくってホテルまで届けてくれると言っていました。チャイナドレスは別にほしくなかったので断りましたが、急ぎもできるみたいです。
オーダーのサンプルを飾っているお店もたくさんありましたが、最新のデザインがたくさんありました。日本の雑誌がおいてあったり。
また時間があったらオーダーしてみたいものです。

他にも中国っぽい雑貨のお店や偽物ブランドも売っていたりと結構いろいろ見て回ると面白かったですよ。
私はここでカフスボタンが気になっていくつか買ってしまいました。使わないと思うけど、なんだかかわいくて。
あとベルトとかスカーフとか小物をちょこちょこ買いました。
値段交渉があるのがやっぱり面倒・・・底値で買えたとは思えませんね・・・
d0100762_14582290.jpg
■上海南外灘軽紡面料市場■
add:上海市陸家浜路399号
営業時間:8時半~18時半

外国人の女性が大きなトランクを車に運んでもらっていました。きっとどこかで雑貨なんかを販売しているんだろうなぁ。
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-25 15:04 | Shanghai

上海1日目:日本人美容師のいるお店でカット♪

d0100762_814127.jpg
青島に来て間もない頃、中国美容院でえらいめ(?)にあってしまったので、長い間美容院に行っていませんでした。
日本に帰国する機会もないものですから、まとめ髪で毎日を過ごしていたのですが、上海なら絶対にいい美容院がありそう!との確信のもと情報収集をした結果、交通アクセスも良くて遅くまで空いている久光百貨(元そごう)の中の「Pinky&Dianne 2号店」に行きました。
久光百貨は静安寺の隣にあるきれいな百貨店で、巨大なハーゲンダッツのショップがよく目立ちます。(それよりは隣の金色のお寺の方が目立ちますね・・・)

「Pinky&Dianne」といえば、ファッションブランドで有名ですよね。
そこが手がけたヘアサロンなんです。
日本にはないそうなんですが、Pinky&Dianneプロデュースのヘアサロンっていうだけで安心感ありますよね!

電話で日本語が話せる方をお願いして、あとの予約の流れは日本と全く同じ。
予約は7時に入れたものの、上海の渋滞はすごくて少々遅刻・・・

日本では当たり前のことなんですが、日本式のサービスってなんて良いのでしょう!
ちきんとカウンセリングしてもらえるし、髪を洗う水まで水道水じゃない!
髪にやさしいお水を使って洗ってもらえるんです。

青島でカット&パーマをしたときは、「何をされるか」と常に緊張気味でしたが、ここはホントにリラックスさせてもらいました。
日本の雑誌の切り抜き持参で行ったので、イメージ通りにしていただいて(青島では雑誌の切り抜きを持って行っても全然違った・・・)良かったです。

d0100762_837975.jpg■Hair Lounge Pinky&Dianne
tel:(021)6288-7216
dd:南京西路1618号久光百貨YES館4階
営業時間: 10時~22時(要予約)

日本人スタイリストカット350元、カラー600元~、トリートメント400元~
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-25 08:39 | Shanghai

上海1日目:行列のできる上海小吃「生煎(焼き小籠包)」のお店

d0100762_724768.jpg上海について、まず向かったのが「呉江路」という美食街。
地下鉄・南京西路の付近です。
目的は上海小吃「生煎(焼き小籠包)」。このお店、焼き小籠包では上海一有名なお店なのです。
「小揚生煎館」というこのお店、2006年に上海で13種類の小吃について市内で一番おいしいというお店には「大王」の称号が与えられるとかで、見事 焼き小籠包の部で「大王」の称号を勝ち取ったのだとか。
 d0100762_7341846.jpg買い方は入口で先にお金を払って、引き換え券をもらい焼きあがるのを待つというシステム。
とにかく常にお客さんが途切れないので、常に待たされるというか・・・焼き立てをいただけます!
私の行った時間はもう午後2時くらいだったので、お昼のピークはとっくに過ぎているのでお客さんが少ない方でしたが、お昼や夕方はすごい行列のようです。

d0100762_7382965.jpg
製造風景です。
すべて現場での手作り&現場で焼きます。
当たり前なんですが、慣れた手つきでつぎつぎと包まれていくんですよね~一体 一日にいくつ作るのかしら・・・
d0100762_7423018.jpgさて、待たされること10分くらい?お皿に入れてもらって店内にGO.1階はすっごく暑かったので2階のクーラーのガンガンに効いた狭い空間で食べました。

「やけどに注意!」
あまりにたくさんの肉汁が熱すぎて唇がやけどしてしまいました・・・
小籠包の皮を少しかじって、蓮華にスープを移すと安全です。
ほんっとにたくさんの肉汁スープはほんっと美味!
また焼き加減が最高なのです。
白い部分はもっちりと、底の部分はかなりしっかりめに焼いてあって良い焼き色です。カリッとしているので2度楽しめる食感。
普通の蒸しの小籠包に比べると皮は少し厚めです。その厚めの皮をしっかり焼いてあるので、肉汁が漏れずにしっかりたまるんですね~
4個で3.5元とリーズナブル。お隣のお店で羊肉串や手羽中串を買って一緒に食べればもうお腹いっぱいです。

これから上海に行く時は絶対に食べたい1品です。
(有名な豫園の南翔饅頭店の小籠包も今回の旅中食べましたが、10個23元で高いうえ、ぜんっぜんおいしくなかったので、これからは“焼き”です!!)

■「小揚生煎館」■
add:上海市呉江路54号、60号
tel:(021) 6267 6025
営業時間:7:00~23:00

朝食から飲んだ後のお夜食までカバーできる美味しさです!

ここで情報収集しました
上海ナビ
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-25 07:56 | Shanghai