<   2007年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

帰国

1年間 住み慣れた青島とも今日で最後。

帰国の日は「日中国交正常化35周年」という日で、
JALから記念クッキーをいただいたのにどこかへ
いってしまいました・・・

青島の飛行機がこんなに混むことがあるのかという
くらいの混み具合。
国慶節の長期休暇にあわせてのご帰国の方が
多いのでしょうか。

最後の青島は天気が悪かったけれど、
機内からラオシャンを見ることができてよかったです。

しばらく訪れることはないでしょうが、住めば都。
なかなかに住みよい街でした。
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-29 10:52 | Diary

足療:良子liangzi

d0100762_19403852.jpg
青島生活1年目にして有名な「良子足療」に行ってきました。
このお店、同業者からも評価が高く、別のお店の子が「良子がいいよ」と薦めるくらい。
青島には市内に2店舗と即墨・開発区にあるようですが、中国全土と台湾を合わせると400店舗にも登る一大チェーン。
中は確かにゴージャスな感じ。しかも従業員はきちっと挨拶するし教育も行き届いています。
入るなり「予約はしていますか?」と聞かれたので少しビックリ。
技術は確かで、足裏マッサージのあと、肩や背中のマッサージをするときにそれ専門の人がいるんですねぇ。
足裏の時にも、マッサージの時にも「●番です。次回お越しの際は是非」といった感じ。
ただ少し高くて70分98元(普段 私たち外国人が行くところで50元が相場なので倍)。ドリンクも有料です。
回数行くならいつものところでも十分満足ですが、指名がいなくてお客さまを連れていくときなどは、平均的に技術の高い「良子足療」おすすめです。
d0100762_19501676.jpg■良子健身会■
add:閔江路200号 
tel:0532-85712566
url:http://www.liangzi.com.cn/
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-27 19:53 | Health & Beauty

海鮮レストラン:海夢園

ずっと行ってみたかった「海夢園」に行ってきました。
d0100762_2038173.jpg
中は入るなりゴージャスな感じ。
水族館さながらの水槽ブースはステージのようになっていて上には巨大なシャンデリア。魚の活きもよさそうで、種類もとっても多いです。
普通の料理の種類も結構あります。
さて、今回はもうすぐ青島を離れることもあって、豪華に「大竜虫下(巨大えび)」を頼みました。(428元/500gで1kg超えの海老を頼んだので結構なお値段に…)
d0100762_20443229.jpg
海老は以前も「怡情楼」で食べたことのある「三吃(刺身・から揚げ・お粥)」でオーダー。
刺身はほんっとに美味でした!!
ただ、お粥は「怡情楼」の方がミソたっぷりでおいしかったですねぇ。
あわびご飯は安い方を頼んで1人48元。
想像していたご飯の上にあわびが乗っているタイプではなかったうえ、ご飯がほんっとに小さくてちょっとがっかり・・・
あとは料理2品と飲み物で1230元也(約20000円)大人3人+子供1人でこのお値段は中国ではかなり高価です…日本円でも高いですよね…
でも、巨大伊勢えび日本のサイズから換算するとこの値段では食べられないと思い最後の(?)贅沢をしてみました。
高級素材を頼まなければこんなにはかからないと思います。
(一品料理は50元以内でたくさんあったので)
ちなみに今回は個室を予約しましたが、別に個室料金はかかっていなかったと思います。

■海夢園美食城■
add:東海中路1号(燕儿島路と東海中路の交差点)
tel:0532-85928188
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-24 20:50 | Restaurant

日本は美しい

d0100762_18411497.jpg
約1年ぶりに日本に帰国。
日本の空は青く、山は脈々と緑をたたえている。
日本は美しい。
d0100762_18442242.jpg
関空に降り立つとすっかり夕日が沈もうとしていた。
今日の空は澄んでいてとってもキレイな夕日。
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-18 18:40 | Diary

Cafe MARU

d0100762_18275732.jpg
雪竹梅でのランチのあと、コーヒーを飲みに行こうとKONAを目指して歩いていると新しいCAFEに気づきました。
ハングル文字が見え、ここも韓国系のよう。
中にはいるとKONAと同じようなすわり心地のよいソファ、韓国人の話し声で韓国のカフェ気分?
オーダーしたのはアイスモカと抹茶フラペチーノ(各25元)
私はアイスモカだったんですが、KONAと同じようにおいしい!
抹茶フラペチーノもしっかりフローズンな感じでおいしかったようです。
ネットスペースもあり、個室もあって会議なんかも出来そう。
1階、2階とあって広々した店内でした。

d0100762_18361047.jpg■Cafe MARU■
add:漳州一路28号
tel: 0532-85783875

cafe&wine&cocktallと書いてあったので、夜もいいかも
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-17 18:22 | Cafe & Bar

海景花園大酒店

韓国料理でお腹がいっぱいになったあとは海景花園ホテルへ移動。
食後の運動ってことでボーリング(保齢球)へ。
海景花園ホテルのボーリング、夜は1ゲーム20元+サービス料10%
5つ星ホテルでサービス料がかかるだけあって(?)ご丁寧にストライクとかスペアを取ると従業員が拍手してくれるんです(苦笑)
おしぼりやお水をだしてくれたりと、サービスはホントに良かったです。
クラウンプラザの豪華さはないですが、貸切状態でまずまず楽しめました。

さて、ボーリングの後は、新館に移動してラウンジでお茶を。
d0100762_12394675.jpg
ピアノの生演奏と暗めの照明でまったりと(?)夜のteaタイムを過ごしました。
5つ星のラウンジで3人でコーヒーやジュースを頼み(中国らしくピーナッツのおつまみが出てきました)サービス料込みで81元(約1300円)
私はコーヒーを頼んだのですが、おいしかったし、雰囲気・サービスからいうとかなり良心的なホテルです。
もちろん、お酒もたくさんありますので、BARとして利用するのも良いです。
宿泊客らしき欧米系の老夫婦が仲良くソファに腰掛けてお酒を飲みながらピアノの生演奏を聴いている姿ステキでした。

d0100762_12524483.jpg花景花園はほんとに従業員のサービスが良くて、気持ちがいいホテル。
青島での滞在は海景花園大酒店 結構おすすめです。

宿泊予約はこちらのサイトがおすすめ
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-15 12:55 | Cafe & Bar

韓国料理「本家」

d0100762_11555350.jpg
お肉がおいしい韓国料理のお店があると伺い、行ってきました。
「本家」という名前のこのお店、青島に5店舗ほどあるんですね。
本国韓国でも複数店舗あるようでなかなかの人気店のようです。
今回、私の行ったのは「海情大酒店」旧館のほうのレストラン。
1階の奥にあります。

付き出しの数は他の韓国料理店に比べると少なめです。
お肉をつつむ野菜は写真のように長~いお皿に乗ってきて、複数種の野菜が出てきます。
今回は3人で行ったので、お肉は牛味付けカルビと豚バラの2種。あと豚キムチスープと冷麺、ごはんをオーダーしました。
率直にいうと、豚キムチスープ、冷麺はあんまり好きな味ではなかったです。
でも、でも、味付け牛カルビはほんっとに、ほんっとにおいしい!!
やわらかくてトロけるんですねぇ、久々に日本のおいしい焼き肉屋さんのカルビを食べたような気分♪牛肉は絶品です!
ここは、一品料理よりは、お肉&ごはんでがっつりと!というのがいいかも!

ちなみにお値段は豚バラ55元、味付けカルビ 90元
で3人で235元(約3,700円)

d0100762_1220539.jpgうわさどおり、お肉のおいしいお店でした。
■韓国料理 本家■
add:東海中路11号甲 海情大酒店1
tel: 0532-85933440
url:http://www.theborn.co.kr
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-15 12:07 | Restaurant

今だけ!?ライオンのあかちゃんを抱けます!

d0100762_10435963.jpg
先日、黄島の「青島森林野生動物世界」に行ってきました。
この動物園、黄島の山中にあって、まさに森林動物園。
入園料は60元と中国にしては結構高め。
敷地内を歩くと9kmあるということで、カートに乗って回ることに。そのカートは1人10元です。
9月に入り、気候もよく風が心地よいなぁと思っていたら、第一の見所があり下車。
d0100762_10533771.jpg
熊のショー♪
常に立ち歩きの熊は歩き方がすごくかわいくて、人間でもはいってるんでしょうか?というくらいのなかなかの芸っぷり。
30分以上はあろうという熊のショーはなかなか楽しめました。
写真のように、ホントに芸達者な熊ちゃん。最初にこのショーなので結構テンションあがりました。d0100762_10515263.jpgショーが終わると、カートに乗っていたガイドが猛獣コースへ案内。
カートの意味もなく(?)写真の白いスロープをずーっと歩いていきます。
スロープの下では猛獣と呼ばれる動物たちがゾーンで分けられていて森林の中なので見えたり見えなかったり。
コースは狼→虎→ライオン→熊→豹→パンダ と続きます。
途中ショースペースがありましたが、土日だけだということで、ここでライオンと牛を戦わせる(食べさせる?)ショーを行っているそうです(13時半~)。パンダは山東省には2頭(?)しかいなくて、うちひとつがここなのだとか。

d0100762_1122482.jpg
パンダが終わるとしばらく歩いたところにカートが待機していて次のスポットへ。
大鷲で一度停車、鳥らしき餌を食べているんですね~。肉食・・・
その後はキリンや馬・豚からラクダなどなど 割と間近に動物を見ることができて、草食動物にはその辺に生えてる草をちぎってあげてみたりとかも出来ます。
d0100762_1183723.jpg途中猿ブースがあって、黄色いのは確か孫悟空のモデルとなった何とか猿・・・
ここで中国らしいのがカートを運転するおばさんが「黄色いのは1匹2万元、白黒のが6万元」なんて動物の値段の話・・・動物園の職員が動物を持ち出してこっそり売るなんてこともありえそう・・・

d0100762_11115178.jpgそして、最後は「小動物楽園」と書かれたブース。
小動物だから、どうせウサギやアヒルとかの日本のふれあい広場的なのを想像して期待せずに入ると・・・虎の子供がいるではありませんか。小さいなりに威嚇のそぶりを見せるのでちょっと恐い、とふと前方を見ると・・・
ライオンが放し飼い??これにはビックリです。
動物園の職員たちが抱いて写真を撮りなよ、と言ってくるので、実は犬も恐い私ですが、ライオンのあかちゃんはそうそう触れないと思い勇気を出して、写真の職員のように後ろから抱いてみました。

d0100762_112071.jpgライオンキングのシンバとナラの子供の頃そのままでホントにかわいかったです!ってアニメがホンモノを研究してるんでしょうけど、動き方とかホントかわいい。
これで生後1ヶ月半なんだとか。もう少し小さかったらぬいぐるみが歩いているようなんだろうなぁ。
いったいいつまで抱かせてくれるのかは分かりませんが、行って良かったです♪  (写真撮ったあと、しっかり「はい、10元」と請求されました・・・)

d0100762_11204882.jpg ■青島森林野生動物世界■
入園料:大人60元 (子供30元だったかな)
開園時間:8:30-16:30
url: http://www.qdzoo.com.cn






タクシー:黄島ジャスコがある辺りから高速に乗って約20分(40元くらい)
バス:フェリー黄島港から無料バスが出ているそう
公共バス:開発区公交路線
       乗り換えがあるので面倒そうですが、12路線が動物園に行きます。12路線までに1路、18路、15路、6路から12路に乗り換えます。
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-12 11:32 | Qingdao

日本料理:やまぜん

d0100762_20522438.jpg
青島の老舗日本料理屋さん、やまぜんさんに行ってきました。
写真は刺身の盛り合わせ。
この日は“こはだ”の良いのが入ったとのことでいただくとおいしい!
ひらめやまぐろ、いかもおいしく頂きました。
毎朝、確かな目で仕入れられた魚は鮮度もよくおいしい。

定番メニューとは別に「本日のおすすめメニュー」「9月のおすすめメニュー」があるところもうれしいところです。
そのときどきのおいしいものをいただける、旬を大切にする、日本料理のすばらしいところです。
ちなみに9月のおすすめは「鱒」
サービスでいただいた鱒の押し寿司もおいしかったですし、「鱒とじゃがいものクリームチーズ焼」も美味でした!

自家製のいかの塩辛もオススメです。
青島ビールの生ではなく、アサヒビールの生でまず乾杯!も日本人にはうれしいですね。

■いろり さかぐら やまぜん■
add:逍遥三路8号(燕儿島路路口)
tel:0532-85920138
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-08 21:01 | Restaurant

北京2日目:故宮

数年ぶりに故宮へ。
初めて故宮を訪れたときは「ラストエンペラー」も見てなかったし、何より真夏の灼熱の北京だったので早く故宮を出たくて日傘をさしながら早足で全く見ていませんでした。
d0100762_23591173.jpg
d0100762_23592145.jpg
オトナになってちょっと視点は変わりました。
屋根の細工などこまかな細工に目がいって、凝ってるなと。d0100762_23593066.jpgしかし残念ながら、メインの建物は改修中・・・
でも60元の入場料はしっかり。
2008年北京五輪を中心に回っているので、改修中・取り壊し・建設中が目立つ北京でした。
[PR]
by qdsunshine | 2007-09-06 23:58 | Beijing