カテゴリ:Other( 20 )

ハマッテマス・・・

一人暮らしの私にとって、TVは結構必要不可欠だったりします。
見る見ないに限らず音として必要だったりします。

部屋は一応BS1,2とNHKが映ります。
でも、いくつか好きな番組もあるのですが(『Cool JAPAN』ダイスキ!)、映画は古いのが多いし、同じNEWSを何度も繰り返したりしているし・・・
Channel〔V〕はずっと最新の音楽(ほとんどチャイナPOPSですが)がかかっているので音楽替りになって結構いいのですが、CCTVやQTVもおもしろくないし・・・

TVが面白くないのでDVDはかなり貴重な存在の駐在の方は多いと思います。
ところが、最近海賊版DVDの取り締まりが厳しいのか品揃えが悪いのです・・・
また連続ドラマのDVDって12話でも1日で見てしまったりするので数日間楽しめないんですよね~

著作権無視の中国ではネット配信が盛んで
PPstreamは結構いろいろなジャンルを見ることができます。
ただ、見たい時間に見たい番組を見ることができないのが残念。
しかも中国語字幕ですから洋画は英語がダメな私はちょっと・・・
日本のドラマだと問題ないです。

あとは、 「Veor」 言語を「JAPANESE」で選ぶと結構たくさんの今、日本でやっている番組を観ることが出来ます。
これは動画共有サイトでユーザーが投稿した動画を見ることができるんですね。
詳しくは・・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
d0100762_23335766.jpg
っということで、目下「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」にはまって8話まで見ちゃいました。(普段中国人ばかり見ていると、日本の男の子や女の子ってなんてかわいいんだろうと思ってしまうのは私だけ??でもサブタイトルがイケメンパラダイスですから当然かな・・・)
日本で放送後、3日も経てば見ることが出来るのでかなりありがたい存在。

結構DVD買ってみたはいいけど面白くない・・・っていうのも多いのでこれらでチェックしてどうしても手元においておきたい作品だけ買うのもいいですね。
[PR]
by qdsunshine | 2007-08-23 23:17 | Other

日本から中国への荷物送付は要注意

Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 900 IS IXYD900IS
/ キヤノン



デジカメを新しく買いました。
ネットで購入して実家に送ってもらい、実家から青島に送ってもらうことにしました。

知らなかった私が悪いのか、たまたま運が悪かったのか・・・

今か今かと荷物の到着を待ちわびていた私に1通の郵便局からの「取りに来い」との旨の書面が届きました。
不在だったためかと思っていたら中国語で「所定の手続き」だの「関税」だのとの文字が・・・

延安三路222号の郵便局に取りに行くと・・・
荷物を探し出してもらい検査官の前で開けろ、と言われ開けました。
中から出てきたIXYの番号を控えられ、
書類を書くために場所移動
パスポートと所定の書面に記入したものを渡すと何やら分厚い冊子を検査官が取り出し、中国が決めたそのカメラの値段を調べている様子。
そして、「2000元」「20%」「400元」と書かれた紙を持ってお金を払って来いといわれました。

そう、関税をかけられてしまったのです。
払わないと荷物は受け取れない・・・
サイアク・・・

かなりムカつきながらも手数料26元含め、計426元(約6800円)を中国に納めました。

日本からの送料を含め、結局カメラ本体価格+10000円の追加。

後々、「新品じゃない」とかなんとか言えばよかったのか、ローカルスタッフに付き添ってもらって何とか交渉してもらえばよかったのか、もっと言えば、送るときにカメラを箱から取り出し送り状に「カメラ」と表記しなければよかったのか等等 後悔先に立たず・・・
(今まで引越しのときも、日本から新品の電子辞書を送ってもらったときも何事もなく手元に届いていたのに・・・)

税金といえば、この国 たとえば野菜・肉・魚などの調理前のものには13%、加工品には17%の税金が内税としてかかっています。
日本のように税抜き表示なんて絶対しません。
もしかすると消費税取られていることを知らない人もいるのでは・・・

たくさん税金取ってる割には・・・

日本から荷物を送ってもらう際には要注意です。
[PR]
by qdsunshine | 2007-08-07 16:35 | Other

金華から杭州へ。杭州滞在記?

d0100762_21294581.jpg
金華市で有名なハムを見たあとは、再び杭州に戻りました。
杭州までは電車で1時間半ほど。すごくきれいな電車で外観も新幹線のようでした。クーラーもしっかり効いているし、清潔で中国じゃあないみたい…切符は60元でした。写真の真ん中は車窓からの風景です。田園が美しくお金持ちも多い豊かな土地なんでしょう。4階建ての一軒家ばかりなので驚きました。ちなみにホントかウソか分かりませんが、△の屋根は男の子供がいる家、平らな屋根は女の子の子供がいる家なんだとか・・・
d0100762_21324275.jpg
杭州での滞在は教工路にある「浙江百瑞国際大酒店」5つ星ホテルです。
このホテルまだ1年たっていないので、すごくきれいでした。
中国で航空券やホテルを予約するのにelongという便利なサイトがあるのですが、そこで検索して、1泊408元(約6700円)
部屋の快適度からいうとお得だと思います。ただ、交通量は多い割に杭州の名勝・西湖にはタクシーで15~25分くらいかかるんですねぇ・・・そこが難点ですね。
d0100762_21395817.jpg
夕食を食べるところを探しに、河坊街というところへ。夜だったうえ、今一つ土地勘もないので、よく分かりませんが、観光客は必ず来るところだそうです。マクドナルドが昔の中国建築物のような造りでなかなかきれいでした。
d0100762_21433113.jpgこれは杭州の名物で「龍須糖」と言います。炒った米粉のなかで飴の塊を何度も引っ張ると、絹糸のような極細の雨が誕生します。その絹糸飴でピーナッツ餡を巻いたお菓子です。かつて皇帝が大絶賛したということで、「龍須糖」という名前を授かったそう。食感は面白いですね。ただ甘いので私はちょっと苦手・・・

d0100762_21475057.jpg
料理はどうしても杭州の名物が食べたいということで、レストランの杭州名物と書かれたものを中心にオーダーしましたが、選んだお店が悪かったのか、杭州料理がおいしくないのか・・・はっきり言って薄味過ぎてだめでした・・
魚も青島にいると海のおいしい魚が食べられますが、こちらでは川や湖の魚なのであまりおいしくありません・・・おいしくなかったのでお店の名前も記録していませんが、河坊街という繁華街の中だと思います。

杭州は蒸し暑くて、タクシーも少なくて、ちょっと住みたくないな・・・と思ったところでした。
西湖や龍井あたりは良さそうなんですけどねぇ
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-15 23:27 | Other

世界三大ハムと呼ばれる金華ハムを求めて

d0100762_23342234.jpg
青島の流亭空港から飛ぶこと1時間20分で杭州に行くことができます。
杭州から車で2時間、高速電車で1時間ちょっとで浙江省金華市に行くことができます。
数日前、ちょっと仕事の関係で製造現場を見てきました。

金華ハムは広東料理に欠かせない食材で、上海以南でよくつかわれる食材です。
ですから、青島のローカルスタッフに聞いても食べ方も分からないし、名前を知らない人も多いそうです。
私は日本にいる時からこの名前はよく耳にしていた気がします。たしか料理番組とかで見たのだと思うのですが・・・
さすが中国、国土が広く、その土地土地の食文化があるので、いかに世界3大ハムと称されている金華ハムでも知らないのですね~(ちなみにあとの2大ハムはイタリアのパルマハム、スペインのハモンセラーノです)

この浙江省あたりや上海などでは、“出産後の女性が食べる”や“男性が奥さんの実家に行く時に必ず持参する”や“中秋節や春節の贈り物の定番”などの習慣があるほどの代物。

頭とおしりが黒い(両頭烏(リャントウウー/両端が黒いという意味)」)珍しい豚の後ろ腿を使います。
簡単な流れは、塩漬けしたあと⇒乾燥⇒熟成(1~5年)
熟成庫ではカビもついてて大丈夫だそうです。さらに出来上がったハムを3か所とがった木で刺してみて3か所とも同じ匂いのものが良いそうです。
香りはホントに芳醇で匂いだけで、美味しいのが伝わってきます。

d0100762_032471.jpgでも金華ハムを使った料理食べずに帰ってきてしまったんですよね~…
一応、小さくカットされたハムを買ってはきましたが、調理方法が分からない…
スープを取ったり結構手間をかけて食べるようなので難しいかも。

きっと偽物も多いと思います(普通の豚だったり…)中国名牌[CHINA TOP BRAND]に認定されている“金華市火腿有限公司”のものを購入されることをお勧めします。(金字というブランド名です)
[PR]
by qdsunshine | 2007-07-15 22:16 | Other

余計なお世話だけど・・・

d0100762_129405.jpg
ほんっとうに余計なお世話ですが、この国の未来を案ずることがあります。
写真のように、買い物カートに“決して小さくない”子供たちがベビーカーよろしく座り込んで、商品と一緒に買い物カートで運ばれていく姿・・・
食品を入れる買い物カートに靴を履いたまま・・・
日本でこのくらいの子供ってちゃんと歩いているような気がするのですが・・・
しかも子供の肥満率は世界最高ではないかと思えるほど、デブが多い・・・
一人っ子政策で大事に大事に扱われるからでしょうか。
(カートには普通に小さな子供が座る空間[日本と同じで押す人と向かいあうように]があるにもかかわらずそこに入りいれないから商品を入れるところに入らざるを得ないのか??)
数年前は「小皇帝」と呼ばれた子供たちですが、今はその言い方は古いようで、といいつつ新しい言葉も通訳曰くないそうで・・・
欲しいものを何でも与えて子供に要るか要らないかを必ず確認してから購入する風景は当たり前でそういう親は必ず子供が要るといったものは100%買っているし、要らないといったものは親が試食しておいしいと思っても買わないのが現実。
そしてそんな親子は肥満度高し・・・
子供の健康よりも、子供の欲求中心のように思えてならない・・・
きっと子供の成人病は絶対多いと思います。
実際、一人っ子のスタッフと仕事しますが、やっぱりおっとりしてるし問題意識薄いし、もたれあい なすりあいは当たり前で人は多いのに競争意識がなさ過ぎる現実には驚きます。

あの買い物カートで移動する子供たちが大きくなったときの中国社会って・・・
余計なお世話だけど案ぜられますね・・・
[PR]
by qdsunshine | 2007-05-02 01:48 | Other

朝ケンタ

d0100762_884690.jpg
いつも前日に買っておくパンを買い忘れて、どうしてもお腹がすいたので近所のケンタッキーにいってみました。
マクドナルドは“朝マック”ってイメージがあったのですがまさかケンタッキーにも朝食メニューがあったとは!
しかもJUSCOのマクドナルドは8時~だけど、カルフールのケンタッキーは7時~というありがたさ!
いつも込み合っているケンタッキーですが朝はさすがに空いてて快適な朝食タイムになりました。
窓から見える新緑がいい感じです。
メニューは結構あって、“中国ならでは”なお粥もありました。
今回私が頼んだのは野菜チキンカツが挟まったハンバーガーと紅茶のセットで10元でした。
いつもJUSCOのフランソワで買うパンより安かったりする・・・
[PR]
by qdsunshine | 2007-04-27 07:50 | Other

中国カラオケ事情??

d0100762_1425741.jpg市北区の「北大荒人」でローカルスタッフ27名と食事会〔飲み会〕が行われました。
またしても乾杯「干杯(ganbei)」の嵐・・・
なんでこんなにこの国の人たちは「干杯〔杯を飲み干す〕」が好きなのでしょう・・・
「北大荒人」は東北料理のお店で安くてボリューム満点ということでローカルには大人気のお店です。以前、麦島路のお店には行った事ありますが、こちらの市北区のほうが新しくてきれいな感じです。
今回のブログは「カラオケ事情」ということで、勢いで初めてローカルスタッフと2次会のカラオケに繰り出した様子をご紹介。
昔は「卡拉OK」と掲げられているのが多かった気がしますが、近頃は「KTV」と看板に書いてあることが多いようです。
d0100762_141166.jpg
部屋は割ときれいで、時間制というよりは“1部屋いくら”といった感じのようで(ここは)12名くらいで行ったので4~5時間で一部屋150元だったようです。部屋が大きくなると〔人数が増えると〕高くなるような感じ。〔ちなみに部屋の中にはトイレが付いていて微妙に部屋がトイレ臭い・・・〕
飲み物は最初はビールもしくはミネラルウォーターが一人1本無料で付いてきます。
中国式のおつまみや果物も合わせて付いてきました。
曲目リストがあってリモコンで番号送信っていうのではなくて、写真の真ん中のようにパソコンで操作します。
言葉・男性/女性歌手・曲名などで検索できます。
ここは外国人はほとんど来ないところなのでしょうね、実は日本語はおろか英語の歌すらありませんでした。
日本語はあるにはあるのですが検索するとたったの5曲・・・微妙・・・
結局、ローカルスタッフの歌を聞かされただけで終わってしまいました・・・
歌い終わると画面に自動的に点数が出ます。90点以下はどうも出ないようで??
あんまり上手じゃないのに全員90点以上でした・・・

カラオケは老若男女みんな好きなようでよく行っているみたいです。
コレくらいしか娯楽がないのかもしれませんが・・・
まあ、歌えませんでしたがローカルカラオケ体験が出来てよかったです。
〔あ、写真右下の警告は、“飲み屋のおねぇさんを連れてこないように”的な内容だったそうです〕
[PR]
by qdsunshine | 2007-04-04 23:42 | Other

コーヒー豆

d0100762_956225.jpgコーヒーは豆から淹れるのが一番。
ただし、その豆がなかなか・・・
中国ではまだコーヒーを好んで飲む人は少ないようですし(インスタントコーヒーなんて砂糖&クリーム配合だったりする・・・コーヒーコーラが売れたり・・・)
輸入品は鮮度が悪く香りがいまひとつだし・・・
スターバックスには日本同様たくさんの種類の豆が販売されていますが、少し(結構)高い感じ・・・
ということで私が利用しているのはJUSCOの1Fの「MAXON]という韓国系の喫茶店。
ここの豆は雲南省でとれた生豆をお店でロースト焙煎しているので新鮮です。
ここで販売しているのは深めロースト・普通・そして生豆の3種類。
d0100762_10152590.jpgミディアムは少し軽すぎたので深めをチョイス。
ここの深めは表面に脂が浮かんでいるフレンチロースト。
あとは、好みの粗さに挽いてもらってパック詰めしてもらいます。
(ミルは日本に置き去り・・・)
値段は150gで58元(約930円)2週間はもつかな・・・
香りのためにも少しずつ買います。
[PR]
by qdsunshine | 2007-03-09 10:13 | Other

「大地の咆哮」を読み終えて・・・

大地の咆哮 元上海総領事が見た中国
杉本 信行 / / PHP研究所

本日ようやく読み終えた。
元上海総領事が病巣に蝕まれながらも強い使命感をもって書き上げられた現在の中国の本当の姿がよく分かる一冊。
現在中国で働いているが、国民性の違い、システムの違いに悩まされることは多い。
中国人の根本にあるDNAあるいは国としての政策が人々の根底を固めていることを改めて知った。
深刻な水不足、非効率な構造が招く資源の無駄遣い、法的・政策的なあらゆるひずみが生む広がる格差、農民戸籍の閉ざされた未来、反日デモの背景には・・・
さまざまな問題にこの国の未来は・・・
そしてことある毎に反日としてあがる数々の共通した中国人からの質問(戦争謝罪・靖国問題など)への筆者の見解は、Q&A方式になっていて分かりやすい。
浅はかな知識で答えられる問題でもなく避けとおせる問題でもない日中両者を長年見つめてきた筆者の見解を大いに参考にすべきだと思う。
国民性の違いはあまりに深い。
働きながら時々この国のあまりに広大な土地・人口、そして経済成長の様を目の当たりにし、恐怖感すら覚えることもあるが、まだ個の力不足を数で補っている感は否めない。一方日本人の合理的かつ勤勉な仕事への姿勢は、ここにいるとある種異常なものに思えるが誇りにも思える。
きっと私のモノサシで言い続けても彼らには根本的に理解できないのかもしれない・・・
無理に押し付けず(変えず)にいかにアイデンティティを尊重しながら新しい方法を打ち出せるか・・・
難しい課題だ・・・
[PR]
by qdsunshine | 2007-02-26 23:49 | Other

春節前になると・・・

d0100762_2211084.jpg
最近、道端で赤いテント販売を見かけるなと思っていたら・・・
近くでみると爆竹販売でした^^;
しかも大きな通りの歩道に点々と見かけるではありませんか。
また大きなものも販売していて・・・
これが春節前の夜に街中で鳴らされるのですね・・・
翌日は歩道が爆竹のごみで足の踏み場がないほどと聞いています・・・
規制も緩んだ中国の春節は初体験・・・
楽しみなような怖いような・・・
[PR]
by qdsunshine | 2007-02-09 22:15 | Other