カルフールでお買い物

特になんの目的も持たずにカルフールへ。
カルフールに行くのはほんとに久しぶり。
住んでいるところから近いのだけど、自炊しないとそうそう
買い物に行く用事もないのです。
まあ、久しぶりに行ったので少し写真を撮ってみました。
d0100762_20411542.jpg

今は中国も柑橘類というかみかんのいろんな品種が出回っています。
結構甘くて、日本と味も変わらないし、1個から買えるので
JUSCOでもたまに買います。
写真の奥のように、お客さんは大量に詰まれたバラ売りの
野菜や果物を必要な量だけ袋にいれて計ってもらって値段をつけます。
日本のようなパック売りや袋売りはほとんどなく、何でも計りなので
値段の表示も500G単位の値段です。
一人暮らしにはある意味便利です。
ただ、ホントに必要な分だけ取るとミニトマト10個ほど買ったら0.3元(約4.5円)
とかになってしまったり、軽すぎて値段がつかなかったり・・・(^^;)
ということも・・・
d0100762_20265585.jpg

d0100762_2027121.jpg

ビールです。
青島は中国有数の(っていうか1番の)ビールの産地で「青島麦酒」は日本でも
見かけます。むかしドイツの租借地時代にビール工場が設立されて以来、
有数のビール産地になったのでしょう。
味はあっさりめですごく飲みやすいビールです。
写真のビールは全部「青島ビール」の種類です。
純生・黒ビールなどなど同じ青島ビールでもたくさんの種類がありますよ。
d0100762_20273319.jpg

北京ダックは日本では超高級品ですが、中国ではちょっとしたご馳走メニューでは
あるけれど、普通の食卓に上がるものです。
写真のようにつるされて売っていて、カットしてねぎ・きゅうり・包む皮・味噌ソースと
セットされたものも売っていて2分の1羽で20元~(約300円~)
くらいのセットで売ってます。
レストランに行っても1羽60元(約900円)くらいで食べられます。

カルフールはJUSCOに比べれば安いので、食品と日用品はよく流行っているようです。
でも私はお肉とか生で放置されているし、パンもおいしくないし、ローカル向けすぎて
ちょっと利用しにくいのが本音。
家から近いので重いものや電化製品はたまに買いに行きます。
[PR]
by qdsunshine | 2006-12-14 20:26 | Shopping
<< 歯磨き粉がすごい アイロン台のいらないアイロン購入 >>